2018年12月10日

12/9産後ケア研修第1弾 報告

産後ケア事業に向けて、支援者となる方の研修を今年度開催することになりました。
その初回 第1弾は「産後うつ学習会」をとよた市民活動センターにて開催しました。
参加者はマタニティ研究会会員9名、非会員9名 合計18名。
講師は岡崎市民病院母性看護専門看護師 早瀬麻観子先生でした。
名古屋、瀬戸市、豊明市、長久手市、岡崎市と市外からも参加くださり、助産師・保健師・看護師のほか セラピスト 育児支援 児童発達支援放課後デイサービスでお勤めの方もありました。

活動中の写真をすっかり取り忘れ、最後にとらせていただいた先生(左)と当会のスタッフ(右)の写真で掲載します。
IMG_20181209_152021.jpg

参加者の皆さんへのアンケートで今後どのように産後ケアを行っていきたいのかの欄には
・産前からのお付き合いを心がけていきます。その人の人となり、環境をみて予防的に対応するようにしていきたいです。(産後ケアの必要度をその人それぞれで見極める)
・女性のマイナートラブルケアのベビーと向き合うためのサポート ・医療や発達に特別なサポートの必要なベビーに対するケア
パートなので新生児訪問にはいく機会がないのですが、4か月検診や赤ちゃん相談などで生かしていきたいです。
・産院を退院された直後の母子に関わっていきたい。
・助産所を開業し、産後ケア入院できるよう予定している
・今マタ研がすすめている産後ケア事業を応援しています。絶対今求められていることだと思います。
・訪問、相談時のアプローチ、言葉がけに気を付けたいなと思いました。
・クリニックでの2週間検診・訪問・1か月検診でお母さんに関わるときに、お母さんたちの状況を確認していきたいです。
・マタ研でやっていく…?と何となく考えています。

また感想として
・子連れの中マット等のお気遣いありがとうございました。気持ちよく受講できました。
・今回の学びで対象の方の様子を観察し対応していく視点が得られました。今後も時間の合う限り学ばせていただきたいです。
・このような研修をしていただき、とても勉強になります
・産後2−4週がとても大切ということで助産師さんたちの活躍は大切だと痛感しました
・質問の時間が内容が充実していました。予想していた内容と違うもっと先のフォローとか知りたかった。
・また都合つけて参加したいと思いました。
・有益な内容で助けになりました。ありがとうございました。
・子育て支援は訪問ではなく足を運んでいただく場になるため、うつなど外に出る気力がない方に向けてどうサポートできるのかが課題のままになっています。ただ傾聴するということには得意分野になると思うので、自分たちができることをやり続け地域との連携をとっていきたいと思いました。
といただきました。

第2弾は 1月24日(木)10:30-12:30(受付10:15〜)
会場は同じくとよた市民活動センターにて 「産後ケアの実践」を豊川で産前産後ケアハウス 虹色びれっじ の院長 鈴木佐和子さんからお話をいただきます。
詳細はこちらをご確認ください。
posted by ばんかく at 14:17| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

11月の講座活動報告

11/5 プレママミーティング「あなたのバースプランは?」
妊婦さん2名、夫1名、名古屋医専助産学生4名、スタッフ5人で開催しました。
・ネット等以外の情報を得られる場や他の参加者の生の声を聞ける機会はありがたいと思いました。
・陣痛の時の過ごし方、自分がどういうお産をしたのか考えて言葉にしてきちんと伝えておくことの大切さが知れてよかったです。
と感想をいただきました。

11/5 アラフォーママの集い
アラフォーママ18名、お子様21名、名古屋医専助産学生4名、スタッフ5名で開催しました。
豊田市外から参加くださった皆様もいて、にぎやかにゲームをしてお互いの連絡先を取り交わして帰られていきました。

11/19 プレママミーティング「赤ちゃんのお風呂」
妊婦さん2名、夫1名、名古屋医専助産学生4名、スタッフ4名で開催しました。
IMG_20181119_112948.jpg
・出産前にお風呂の入れ方を実践できてなんとなくのイメージがつかめてよかった。
・子育ての大変さを事前に体験することができ、非常に勉強になった。
・人数が少なかったので、アットホームな感じでよかった。ほかの妊婦さんと話せて楽しかった。
・主人もつれてきて実践してもらえてよかった。
と感想をいただきました。

11/19 みんなの子育ておしゃべり会「赤ちゃんの食事」
乳児を持つママ8名、お子様8名、名古屋医専助産学生4名、スタッフ4名で開催しました。
・いつも楽しく勉強させていただけて感謝しています。離乳食が始まるのが楽しみです。
・いろいろなお母さんと育児の情報交換ができてよかった。
と感想をいただきました。先日のアラフォーママの集いで参加くださった方がいて、ライングループを作って声かけあってきてくださったようでこういう場を作れたことが私たちもうれしいです。寒くなってきますが、皆様どうぞこれからもご参加くださいね~。
お待ちしています。
posted by ばんかく at 11:17| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

10/30 寄附のゼミナール プレゼン

愛知県の今年初めての事業で、若者の寄附意識の醸成を図ることを目的に、県立高校3校において、NPOへの寄附を通じた社会貢献を考える特別授業「寄附のゼミナールinあいち2018」を開催するということで、マタニティ研究会早速申し込みをしていました。

寄附のゼミナール知事会見についてはこちら。https://www.pref.aichi.jp/soshiki/syakaikatsudo/kifuzemikasai2018.html

選ばれた他の団体はNPO法人が多く、立派に会社として運営されている感じで 選ばれたときには他の団体を見て圧倒されました。
私たちは事業実施数は多いけど、資本もなく従業員なんてない。ただ仲間で仕事などを調整し、時間作って必死に動いている ただの任意団体。
プレゼンして支持された数によって寄付額が変わるとなっていても、他の団体のように プレゼン自体が慣れていないし、多く票が集められるなんて到底自信が持てません。

それでも説明会や研修等参加し、10/30 豊田東高校3年生約30名を前にプレゼンをしてきました。
寄附のゼミナール1.JPG寄附のゼミナール2.JPG高校生の方々に自分たち団体が課題として行っていることを7分で伝える。高校生だからこそ考えてほしい。その思いがありすぎてまとまらないものを 多くの会員の頭脳を借りて、何度も修正、言葉を削除し、出来上がったものはとてもシンプルでした。
間を作らないと高校生に考えてもらえない。そうは思っても本当に私たちが意図するものを感じて さらに深めて考えてもらえるのか。

かなり緊張してプレゼンしました。
終わった後も やり切った感と大丈夫だろうかという不安が交錯しています。

投票は11/8。投票してくれた学生さんとの交流もあるということで 結果はどうあれ学生さんの感想を聞けるのが楽しみです。
この日は副知事もこられるとのこと。(てっきり今回のプレゼンの日だと思ってさらに緊張してました。)
素敵な交流ができるといいなぁと思っています。

写真を撮ってくださった とよた市民活動センタースタッフ様 いつもお世話になっています。この度もご提供ありがとうございます!
posted by ばんかく at 19:48| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

10月の活動報告

10/26 安産のためのお灸講座
参加者 妊婦さん1名、スタッフ2名でした。
経産婦さんで前回の出産で経験した思い、そして今回できることを ということで参加くださいました。
妊娠中の方が覚えて自分でケアをするつぼの位置の確認とお灸の実施。
少ない人数のためのあって今の体の辛いところにあったツボとお灸の使い方も 時間たっぷり使って先生が教えてくださいました。
下記の感想をいただきました。
・マッサージもツボもだいたいの場所で何となくで良いのかと思っていました。ツボにも大きさがあったり、場所やり方、やる回数などが重要だと知って、継続は力で安産につなげられたら良いと思います。

10/29 プレママミーティング
参加者 妊婦さん1名、スタッフ4名、助産学生4名でした。
「母乳?混合?ミルク?」という内容でした。
学生さんが会場前看板をかわいく書いてくださったので写真掲載します。1540865012027 1.jpgIMG_20181029_122248.jpg
下記の感想をいただきました。
・今まで何となく知っていたことの裏付けや、赤ちゃんの授乳の仕方、抱き方も色々あることがわかってよかった。母乳だけで育てたいので、できれば安易にミルクを使わずに頑張っていきたいと思う。

10/29 みんなの子育ておしゃべり会
参加者 ママ5名 子5名 スタッフ5名 助産学生4名でした。1540865003468.jpg
「赤ちゃんのスキンケア」ということ元皮膚科勤務の助産師がお話しし、そのあとグループ交流の中で質問等をまたお答えするという感じでした。アンケートの自由記載欄には特にご意見や感想はいただけなかったですが、皆さんにこやかにかえっていきました。
posted by ばんかく at 11:33| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

9月の活動報告

遅くなりましたが、9月開催した講座報告をさせていただきます。
写真もなく 人数報告くらいですが 参加された方はいろいろお話しくださり、皆さん笑顔で過ごしてくださっています。
私たちスタッフも 楽しく講座をさせていただいています。参加くださった皆様本当にありがとうございます!

9/17 プレママミーティング「ミラクル赤ちゃん」
妊婦さん2名 夫1名が参加 スタッフ4名でさせていただきました。
・夫はすぐに育児モードにならないので、グーグー寝ていても怒らない事という言葉が印象に残りました。特異なことからやってもらおうと思います。
・助産師さんとの話や質問が直にできたこと、他の参加者の話も聞けて参考になった。
と感想をいただきました。

9/17 みんなの子育ておしゃべり会「赤ちゃんのかかわり方」
親子5組参加 スタッフ4名でさせていただきました。
・いろんな月齢の方がみえていろんな話を聞けた。また話すことが出来てよかったです。
と感想をいただきました。

9/28 会員学習会「妊娠中のカップルのための共感セッション」
会員11名 非会員1名が参加
福島県立医科大学 石井佳代子さんをお招きして行いました。オーストラリアで行われている妊娠中のカップルのための共感セッション。赤ちゃんを迎えるパパとママがお互いの状況を理解しようと努力することや思いやりを持って接することで産後のママの大変さが少しでも軽くなり、産後うつといわれる状況が少しでも軽くなることを目的にしたプログラムです。それらを体験を通して学びます。
今後のマタ研講座で 実際の妊婦さんカップルの方に行う予定です。
私たちマタニティ研究会のメンバーは妊娠・出産・育児を通し夫婦のきずなをしっかりと結んでいただき、赤ちゃんを迎えるご家族のサポートをしたいと思っています。

マタニティ研究会は定期の講座以外に 新企画講座が時々開催されます。
会員助産師・保健師も増えて 職場を離れてもなお地域の皆さんのおそばにいたいと思っています。
会員・専門職向け講座も今後開催を増やす予定です。
チラシ掲載にない新企画の講座はHPやFacebookで掲載されます。フォロー、そして時々HPもご覧くださいね(^^)
https://mataken.jimdo.com

posted by ばんかく at 16:37| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

お灸講座参加の方からのお礼メール

マタニティ研究会では どの時期の予定日の方でも 参加ができたらと年4回「安産のためのお灸講座」を開催しています。
昨年度の「妊婦のためのお灸講座」に参加された経産婦さんから 出産後のお礼のメールをいただきました。
ご本人に許可をいただき、こちらで紹介をしたいと思います。
:::::::::::::::::::::::::::::::::

マタニティ研究会様

2018年1月19日に妊婦のためのお灸講座に参加させて頂きました、○○と申します。

第一子出産は切迫早産、旋回異常、不正軸侵入、お産中に過呼吸や嘔吐し続けるなど等様々トラブルがあり、お医者様からも難産のお墨付きを頂く、壮絶なお産でした。産後も1ヶ月近く体調不良で、第二子の出産も不安を感じておりました。

その最中こちらの講座を見つけ、受講させて頂きました。

受講後、上の子もいる為、正直毎日お灸をすることはできませんでしたが、臨月に入ってからは毎日朝晩2回のお灸とウォーキングを心掛け……結果、とてもとても安産でした。

予定日を4日過ぎ、歩いていった健診で子宮口7cm開いていることが発覚。(恥骨痛はありましたが、前駆陣痛もほとんどありませんでした。)

浣腸から前駆陣痛に繋がったものの、間隔は狭まらず我慢できる痛みとしばし耐えておりました。

本陣痛に繋がらない為、一旦病院から自宅に帰宅。お風呂に入り、上の子を寝かしつけ……

結局陣痛?前駆陣痛?が3〜10分間隔を行ったり来たりで間隔が規則正しくならないまま破水。

その20分後には我が子に会えました。

病院まで間に合わないかと思うレベルで安産でした。

産後の体調もすこぶるよく、また生まれてきた第二子も生後2ヶ月で夜8時から朝6時まで寝るというとても育てやすい赤ちゃんです。


経産婦ということもありますが、お灸の効果は絶大でした!


このような機会を作って頂けたことに感謝致します。ありがとうございました。

posted by ばんかく at 08:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

8/20プレミー&みんしゃべ報告

プレママミーティング
本日は「赤ちゃんのお風呂」妊婦さん3名、そのお母さん2名が参加くださいました。名古屋医専の助産学生さん4人も見学実習させていただきました。スタッフ5人でお湯の準備、講師等させていただきました。
いただいた感想は
・1回やってみるといざとなったときに慌てなくてもすむと思いました。
・すべてが初めてのことでわからないことだらけだったので、とても勉強になりました。やっているのを見ているときはわかっているつもりでも、やってみるととても難しかったです。とてもいい経験になりました。
・本を読んでなんとなくは理解していたつもりでも、いざしてみると全く分からないことだらけで、実践できてよかったと強く思いました。出産まであと少し、がんばります!
・昔とは異なることが多いと思い、参加しました。楽しく学べてよかったです。
IMG_20180828_091832.jpg

みんなの子育ておしゃべり会
今回のミニ講座は「卒乳ってなぁに?」でした。3組の親子に参加してもらえました。また学生さん4人も見学させていただきました。スタッフ5人で準備運営しました。
それぞれの今の生活や思いなど 卒乳のことだけでなく、いろいろな子育ての様子をお知らせくださり、皆さんで共有し、笑顔ですごされていました。
posted by ばんかく at 09:24| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

7/27,30,8/6 講座の開催報告

マタニティ研究会 7月下旬から8月上旬にかけて5講座行っています。
まとめてご報告させていただきます。

7/27 安産のためのお灸講座 が マタニティ研究会事務所で行いました。
妊婦さんお二人が参加くださいました。(スタッフは2人+先生)
お一人目が早産だった方、お灸の経験のある方でした。写真等とっていませんが、お二人ともお灸を体験し、きっとご自宅でもチャレンジしてくださっているのかなと思います。

7/30 プレママミーティング「母乳?育児?混合?」で行いました。
妊婦さん5人、スタッフ5人、保健師さん1人、助産学生さん5人が見学されました。
頂いた感想は
IMG_20180808_121624.jpg・知らないと不安になることでも、先に知っておくだけで安心することがあると思いました。例えば赤ちゃんは3日弁当と水筒を持ってくるとのこと、少々体重が減ってもよいと知れてよかったです。
・母乳のメリット、デメリット等あまり考えたことがなかったので色々な知識が得られてよかったです。
・今まで漠然と母乳がいいと思ったり、母乳出なかったらどうしよう…と不安になっていましたが、いろんなお話を聞けて決断しやすくなりました。
・自分が正しいと思っていた知識が間違っていたり正しい知識を得ることが出来たので、出席したことで安心できました。
といただきました。

7/30 みんなの子育ておしゃべり会「赤ちゃんを守るために」を行いました。
IMG_20180730_135612.jpg乳児を持つ母子4組、スタッフ5人、保健師さん1人、助産学生さん4人が見学されました。
・少人数で気軽に参加できた と感想をいただきました。

8/6 プレママミーティング「あなたのバースプランは?」を行いました。
妊婦さん2人、スタッフ3人、助産学生さん4人が見学されました。
IMG_20180806_200342_782.jpg・子宮収縮はハグ!というお話がとても心に残りました。聞けてよかったです。
・ネットや雑誌でいろんな情報を得ていますが、実際話を聞いてみると自分の中で分かっていなかったことも聞けてとても為になりました。と感想をいただきました。

8/6 アラフォーママの集い をおこないました。
ママ7人、お子さん8人、スタッフ3名、助産学生3人で実施しました。
IMG_20180806_200829_987.jpg今回のアラフォーママの集いはいつもより人数が少なく、いつもと違ったゲームを学生さん主体で行われました。
・二人の相手もしていただいてありがとうございました。(双子のママ)と感想に頂きました。


posted by ばんかく at 12:22| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

7/22 今だから知りたいアレルギーの最新情報 報告

昨年 スタッフはじめ子育て支援現場に近い専門家向けに アレルギーの学習会をしていただいた 大島美穂子医師(愛知学泉大学 家政学部管理栄養士専攻 教授トヨタ記念病院 小児科 非常勤医師日本アレルギー学会専門医)に今回は 妊婦さん、産後のご家族を中心とした内容で 食物アレルギーの現状と、その予防、スキンケアについて 各種論文等の内容を含めた科学的な内容で現在わかっている最新情報をお伝えしてもらいました。
一般参加者33名(妊婦さん、乳幼児を含めたご家族、栄養士、助産師など専門職もあり)とスタッフ9名も一緒に勉強させていただきました。
IMG_20180722_103942.jpgIMG_20180722_103911.jpg
いただいた感想は 下記です。専門職の方が書いてくださっていることが多いようですが、時間が終了後も多くの方が質問に並び先生にこたえてもらってましたので、皆さん疑問は解決して帰ってくださったのではと思っています。熱い中多くの皆様ご来場ありがとうございました。
・大変わかりやすい説明でとても勉強になりました。(管理栄養士)
・生後2週からの皮膚の保湿、保護の大切さがわかり今後伝えていきたい。塗り方なども含めて…。(助産師)
・昔学校(保育短大)や保育士研修で学んだ内容と大きく変わっていて驚きました。卵もピーナツも遅くに与えたほうが良いのかなと思って控えていましたが、様子を見ながら少量ずつ与えてみようと思います。(現在9か月)今日お話を聞いていなければまだしばらく控えてしまったと思うので来てよかったです。(保育士)
・具体的な手当ての方法を教えてもらえて今日からすぐ実践ができそうです。(助産師)
・とても参考になりました。(保育士)
・いくつもの新しい論文結果も紹介していただき、わかりやすくお話しいただけて勉強になりました。(管理栄養士)
・アレルギーに対して改めて考え方が少し変わった。(保育士)
・湿疹で通院中でそろそろ5か月になるので離乳食を始めるにあたりとても勉強になりました。(看護師)
・話を聞く前は「アレルギー=こわい!!」という印象でしたが、話を聞いたら治せると感じてあまり怖くなくなりました。(妊婦)
・一人1000円は高いですね(一般)
・食物アレルギーに関する最新の情報を知ることが出来て今後の仕事の参考になりました。(助産師)
・最新の話が聞けて非常に勉強になりました。(妊婦の夫)
・とても分かりやすく説明くださり、充実の内容でした。論文等の根拠もあり納得できる内容でした。このような機会が増えることを願っています。(建築関係・妊婦)
・スキンケアの大切さがよく分かった。最新の情報を知ることが出来よかった。(保健師)
・新しい研究のことを知ることが出来てよかった。情報がたくさんある中で親として子どもにとってベストな方法を選択できるようにしたいと思った。地域や産院でバラバラな情報提供されることで母親が混乱するなぁと感じた。(助産師)
・専門的な知識のある方から初めて話を伺いました。最新の情報を知ることが出来とても参考になりました。(学童保育指導員)
・非常にためになる勉強会で参加してよかったです。スキンケアなど聞かれることも多くなかなかうまくスキンケアが継続できない方も見えるので今日の勉強会で学んだことを伝えていきたいです。(看護師)
posted by ばんかく at 11:10| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/16 プレママミーティング&孫育て講座 報告

プレママミーティング 2クール目第1回「ミラクル赤ちゃん」
4名の妊婦さんと講師2人、お手伝いスタッフ2名で開催しました。
皆さん 初顔合わせでしたので、表情も最初は固い感じでしたが、お話しの中で少しずつ和らいでいきました。
いただいた感想は
・不安なこともすぐ質問出来て、ためになるし楽しかったです!!
・出産近くなってきてようやく講座やレッスンに行ってみる余裕ができてきて参加しました。だっこの仕方なども不安だったのが学べて少しずつ大丈夫かなという気になってましたが、抱っこしてみるのが楽しみになってきました。次も楽しみです。
といただきました。

孫育て講座
1名のこれからお孫さんを迎える方が参加くださいました。会場には産後のママたちの祖父母とのかかわりの生の声掲示や災害対策など準備していました。広報掲載が抽選に外れてできず、なかなかチラシやウェブだけでは広報が届かないのもあって、せっかく来ていただいたのに同じ祖父母の方同士の交流が十分にできず残念でした。準備等でスタッフが6人。そのうちのスタッフは11か月のお子様連れでしたので、この時期の赤ちゃんを持つママの身近な思いも共有し、スタッフ囲んでみんなで座談会とクイズをして過ごしました。
頂いた感想は
・たくさんの助産師さんにお話を聞いていただいてありがとうございました。ほかのバーバ、ジージの方にもお会いしたかったですね。
といただきました。
posted by ばんかく at 10:26| Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする